スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月21日の記録

今日は午前から「事例から刑法を考える」の勉強会(8・9問)に参加。自救行為をすっ飛ばした残念な部分などはさておき、法律的に難しいということはなく、どちらかというと事実の把握について悩んでいました。行為をどうやって分断するか、みたいなところです。最終的には感覚みたいなところがあるのだとは思うのですが。

今回の反省点としては、構成要件該当性について一個一個丁寧に摘示して当てはめるべきであるということです。それは不自然な気もするのでいつもざっくり書いてしまうのですが、項目ごとに点がついてるっぽいので、改行などしてきちんとやらないといけなさそうです。これも試験委員が言ってるようなので、従うのが無難というべきでしょう。

憲法は財政・地方自治と違憲審査制の総論的部分を終了。明日には違憲審査の具体的手順・手法につき、『「憲法上の権利」の作法』などをまとめてパターン化しておこうと思います。立派な自動販売機を作ろうということです。自動販売機はよくないと言われていますが、検討の順序はきちんと作っておかないと何も書けませんから(というか修習は起案の型を覚える期間なんじゃないのかと。公法とは関係ないのかもしれませんが)。

民法短答は親族編がほぼ終わりました。ゆっくりやってもあと三、四日で終了という感じです。民法は別途論文対策も兼ねて基本書の読み直し&重要部分の整理などしたほうがよさそうではあります。百選もチョコチョコ読んでいて、もうすぐ2冊目も終わりそうですので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。