スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月5日の記録

今日は事例研究民事法の11問目を解答。会社法の問題でした。しかしこの演習本は会社法の問題が少なめですね。別途教材を用意したいところです。

問題はというと、同族会社の紛争にまつわる事例で、久々の会社法だからか基本的な問題なのにちょっと微妙な感じです。後半の問題は取締役選任無効を前提とした主張を取締役に対する責任追求である株主代表訴訟に乗せてよいのかという問題意識で、考えたことのない内容でした。なのでこの点は書けませんでしたが、勉強になりました。本試験なら誘導でも入りそうなところですが、このくらいは自分で気づけないといけないのかもしれません。

あとは民訴の訴訟承継についてまとめて多数当事者訴訟を片付けた後、割と重要そうな文書提出命令がらみのところをまとめてみました。ちなみにまとめる事項はローの授業で扱った項目や重点講義民事訴訟法のテーマから適当に選んでいます。重要テーマについて一通りまとめた後は、講義案の通読や百選回しで補充すれば大丈夫かと考えています。というか去年は百選も満足に読みきれていなかったし…(それで困ったという感触ではありませんが)。
他の科目もそのような感じでまとめていく予定で、年内には7科目+選択のまとめが終わればよいなぁというところ。

それから短答の問題を100問。昨日と合わせると民法を200問(担保物権がもうすぐ終わるくらい)という感じです。短答はやはり不毛ですが、来年はさらに厳しくなると思われるので、年内に今回の受験期くらいの実力は回復しておきたいところです。マーク1個の重みでこんなことやってるわけですから、短答といえども侮れないというべきです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。