スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月1日の記録

今日から10月ですが、やることは基本的には変わりません。

今日は事例研究民事系の6問目を解答。保証債務履行請求についての基本的な要件事実の理解や、錯誤無効や商事消滅時効の抗弁の話に、釈明義務についての民訴的な設問です。2時間半で7枚という淡白な内容でした。内容は結構よく書けた気がします。
授業でやった民事実務基礎(要件事実とかの授業)で出てきそうな問題で、実際の本試験だともう少し違う形で出題があるのだと思いますが、今の自分に足りないのは要件事実の基礎とそれに関連した実体法の理解だと思いますので、こういう出題がよいのかもしれません。

また、昨日で刑法のまとめが終わりましたので、今日からは民訴をテーマ別にまとめることにしました。今日は少なめで、弁論主義と自白について復習しつつまとめ。書研の講義案をベースにしつつ、授業でお世話になった(いじめられた)司法試験委員長こと高橋先生の重点講義民事訴訟法を参照して適宜考察するという感じです。しかし卒業後もこうやっていじめられるとは…。
ただ、高橋先生が講義でおっしゃっていたのは、今は役にたたないとか辛いとか思うことが、十年とか二十年経ってから役に立つのだということです。僕にとってそれは、今回不合格になって陥ることになったこの受験生活なのかもしれません。そういうわけで、来年は先生の名前の合格証書をもらえるように頑張ることにします。

何か変なことを書いて萎える日々をごまかそうとしてしまいましたが、10月になりましたので、今日からは短答の対策もはじめることにします(これから寝る前に解きます)。とりあえず所持しているWセミナーの択一問題集を回すことにします。その後は民法憲法で旧試の平成年代の過去問を中心にやりつつ、条文・判例のチェックなどで底上げしていくということを考えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。