スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月30日の記録

今日は事例研究民事法の5問目に挑戦。財産分与に絡んだ債権者代位や詐害行為取消の問題で、訴訟法の問題も絡んでおり、結構いい問題だと感じました。書けた部分もあれば押さえてなかったなぁという部分もあり、一通りまとめたこともあって、勉強になったと思います。

しかしこの問題、設問が6つ(そのうち最後の設問は小問3つ)なのですが、大大問にしては分量が少ないのでしょうか。いつもより答案をじっくり書こうと心がけているからか、3時間弱で8枚ぴったりという感じなのですが、起案量はもっと増やすべきなのかどうかというところ。まぁ増やそうと思えば増やせますが、1問5枚くらいしか書かなくても高い点数がつくことはあるようで(友人はそんな感じで刑事系20位くらいだったらしい)、よく分かりませんね。
ただ、絞って書けばそれなりの内容をコンパクトに書くことはできるような気はしますので、しばらくはその方法でいってみます。あんまり早く書くと読めなくなってしまいますし。

あとは、刑法各論のまとめを最後まで終わらせ、一応目標達成です。全部でA4にして96ページの大部になりました。刑法の演習はしばらくやらないと思いますが、その前に一回しして実際に問題に当たり、どんなものか確認してみたいものです。
9月も終わりましたので、少しずつ短答をやりつつ、明日からは刑法まとめにかわって民訴を重要・苦手テーマごとに1日1つ2つとまとめていくことを試みようかというところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね

>通りすがりさま
お知らせいただきありがとうございます。

ざっと読みましたが、民法は予想通り全然ダメでした。刑法は趣旨云々以前に出題に対応できる理解を有していなかったようです。お恥ずかしい限りです。

他の科目は、記載されている問題自体は把握していたし、誤りはあるとはいえ何らかの形で言及していたような気はします。しかし(特に民事系で)低い点数になっているという事実がありますので、初心に帰って(というほど勉強できていなかったのですが)積みなおすことにします。
プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。