スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月28~29日の記録

この2日間はタクティクスアドバンスの民訴法、商法を解いていました。会社法で若干知識抜けがあったので改めて復習です。

それから「民事法Ⅰ」を終え、担保物権と債権総論を扱っている「民事法Ⅱ」を3分の1ほど進めました。問題自体は割とシンプルで、解説部分のうちマニアックな部分を除くとよい復習になります。ただ、民法はもう一度基本書読み直しで復習したい気分になってきます。

また、刑訴の酒巻法教連載「刑事手続法の諸問題」のコピーがあったので通読。たまに賛同できない内容もあるのですが(最たる部分は現場で選別した場合証拠損壊の危険性がある差押えにおいて必要な処分として証拠の持ち出しを認めるところで、連載1回目で強制処分法定主義の重要性を語っておきながら「必要な処分」で「差押えのための差押え」を認める見解ははなはだ遺憾です)、錯綜している問題点を分かりやすく整理していたり、普段書き流しているところの理由付けをきちんと説明してくれたりと、改めて読んでもためになる内容でした。
こういう基本文献は勉強が進んだ後に読み直すと違った発見があってよいです。ただ、試験直前にそんなことやってるのもどうなんだという気もしないでもないですが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。