スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月10日の記録

今日は某予備校の答練に行ってきました。日程の都合で公法系からスタートです。本試験ではいきなり山場の民事系ということになっています。

複数日程があるようなので問題の詳細は伏せますが、憲法は人権と統治分野からの出題で、誘導もあったのでまぁこんなものかという感じです。解説を読む限りでは割と論じられたようですが、判例の規範が適当だったのが残念。
行政法は訴訟要件だけの出題で、本試験適合性は低め&やたら分量が多いという感じでした。正直あまり出来はよくありませんが、処理方法について再確認できたのでよしとします。昨年の模試等がそうだったように、結果自体はあてにならないのが模試というものです。

それから書籍販売コーナーで本を物色していたのですが、刑法事例演習教材は見たところよさげでした。解説つきの40問で、著者陣も信頼できそうな感じです(教わった先生も名を連ねていた)。後日購入の予定。
実際に買ったのは、民法の演習のためのLaw Practiceなるシリーズ(民法全分野で100問演習がある)と、法教の連載をまとめた「事例演習民事訴訟法」に著作権判例百選。事例演習民訴は勉強会で扱う予定のため購入したもので、実際数問解いてみたのですが、正直微妙感の漂う教材です。解説も今ひとつ感がありますが、何より問題が普通すぎるのが難点でしょうか。まぁ基本の復習と思えばよいのかもしれません。

夜は合格した友人から不要になった弾薬を譲ってもらいました。手持ちの教材が終わった3月ごろにまとめて消化し、論文対策の仕上げとできればというところです。4月5月は直前期なので、短答演習や復習など、単純作業的な学習に移行すべきと思われるため、それまでにやれるだけのことはやっていきたいところです。しかし結構な量ではあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。