スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月29日の記録

今日は年内最後の勉強会で、H19の刑事系(刑法と刑訴)を検討していました。刑法はまぁ普通でしたが、刑訴はやはり捜査パートでバランスを失したかなぁという感じです。もっと網羅的に隙なく書くべきでしたし、書ける問題だったと反省しています。参加者の中になかなか素晴らしい答案を書いている人がいたので、参考にしてみます。
*刑法の207条関係の話についてコメントをいただきましたので、勉強会で聞いてみたところ、概ねコメント欄でお返事差し上げたような結論になりました

あと、事例演習憲法の2部10問目と11問目を解答しましたが、10問目は国政調査権関係の改革の合憲性というテーマのマイナーさ(まぁ面白くはあるが)や解説の微妙さからあまり参考にならず。
11問目はいわゆるパリテ法案(議会の男女同数制)についての問題で、統治と人権が融合しており、出てもおかしくない感じがしました。統治関連の解説で触れていた問題提起は押さえておいて損はなさそうです。アファーマティブアクションについての解説は別の問題であったため省略されていましたが、この問題だと「女性に議席を確保する」のではなく「男女同数」とするだけであり、制度上は男女比率に合わせて平等であるという特殊事情もあり、考えさせられる問題です(それだけにさぼらず解説してほしかった)。

それから商法肢別誤答の残りをやって終わりです。
正月は8日くらいまで帰省する予定で、10日から答練がはじまる予定なので、帰省中にしっかり勉強しておきたいところです。論文・短答のまとめノートは持っていきますが、そのほかに以前購入した「会社法事例演習教材」を一冊仕上げることを目標にしてみます。

帰省中はここもあまり更新しないと思いますが、正月らしくゆっくりしつつも、やるべきことはやっていきます。
それでは皆さま良いお年を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。