スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてこうなったか

今日から勉強を再開するために学習記録などをつけようと思います。
自分にとっての記録なので人さまにお見せできるような内容ではありませんが、公開したほうがやる気になってよいのではないかと考えて公開しています。

試験関係者で何かございましたらコメントいただければうれしいです。これまでのやり方が間違っていたから落ちたのだと分かっておりますので、ご指摘などいただけるとうれしいです。
来年受験される皆さん、一緒に合格しましょう。


最初に、こんなブログを立ち上げることになった経緯を簡単に。

1.ロー入学までの法律業界との絡み
H17にT大学法学部に進学、何となくロー進学かと血迷う。
H18に友人の誘いで旧司法試験短答を受けて合格(48点)し、そのまま何となく論文に特攻したが当然意味不明で不合格、結果もひどすぎる(AFGFCB、総合F)。
しかしロー入試は何とかなってよかった。…よかったのか?

2.ロー入学から卒業まで
H19にT大学法科大学院既習コースに進学。安普請な建物です。
その後2年間、授業で居眠りなどしつつだらだらと過ごし、H21に無事卒業。一応成績は上位4分の1以内でしたがどうでもいいです。

3.新司の受験勉強
10月くらいから何となく答練に通いつつ短答対策。今思うと試験を舐めすぎていました。
冬のTKCは点数を忘れましたが既習平均くらいでしょぼい結果に。T校の全国模試では論文801/1400点で150位くらいだったが今思えばこれは一体何だったのかと。短答は気分的にさぼりがちだったため模試の短答パートはC判定で微妙、そこで4月5月は短答対策を中心にやって本試験へ。

4.本試験
1日目の短答刑事系で大失敗したと感じテンション激落ち。
2日目の選択科目(知財)は条文読まなかったりでアウト。憲法は量も多く、短答失敗の悪寒でやけになったか変なことを書く。行政法は割と書けた気がしますが今思えばだめだったんですね。
休みを挟んで3日目の民訴は弁論主義云々の説明をスルー、民法は謎だったので適当に書き、商法は割といけたと思うも議決権の話は謎。
4日目の刑法は完全に死亡で、刑訴も酒巻説を蹴ってどぶにはまり込み、その他精彩を欠く出来に。
正直ダメな出来でしたが、それでも受かるんじゃないかと思っていた6月以降の自分が恥ずかしいです

5.結果発表
心配だった短答は258点(79,106,73)で1547位。
論文は何とかなってると思って10日に発表を見に行ったところ番号が見つからず。
そしてはじめて現実に気づく←今ここ


見直してみると恥の多い受験生活を送ってまいりました。遊びすぎです。
親などに申し訳が立ちませんし、このままでは終われないので、この8ヶ月は頑張って勉強することにします。

というわけで、勉強の記録をつづっていくことにします。あと反省のため、最初にゴミ再現答案をさらしておきます。某予備校に出しているのですが、著作権絡みで公開を禁止されているということもないようなので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。