スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです

どうもごぶさたしております。

去る9月8日、今年の新司法試験合格発表がありました。自分にとっては不合格からもう2年経ったということで、時がたつのは早いものです。
このブログなどが縁でコメントを寄せてくださった方も受験されており、再チャレンジの方も含めて合格の報せを聞くことができました。わざわざご報告いただきどうもありがとうございます。そして、合格された皆さま、本当におめでとうございます。

ただ、全員が合格できるわけではありませんので、こちらをご覧になっている方の中には、今年意に沿う結果が出なかった方も大勢いらっしゃるかと存じます。
僕は今年の試験を受けておりませんので、今年の問題について何事かを述べることはできませんが(感想としては、難しく、それでいて基本的理解をきちんと表現することで合格水準に達する問題なのだろうという意味では例年通りだと思います)、一度失敗して何とかなった立場から、僭越ではありますが思うところを書いておきます。

不合格の結果を突きつけられて、今が一番悔しく、また自分に自信を無くしてしまう時期だと思います。僕自身、自分は法律家に向いていないのではないかと真剣に悩んでしまいました。このまま来年受験しても大丈夫なのかと不安な気持ちでいっぱいでした。
僕がこうした不安を乗り越えることができたのは、友人の助けを借りながら、自分の弱点を見直し、勉強の方針を考えることができたからでした。いま不安でいっぱいの皆さんも、失敗と正面から向き合い、勉強のあり方を見直していく中で、不安は自然と解消されていくはずです。

それでも中には、もう勉強しきったとか、自分には力がないのだと感じてしまう人がいらっしゃるかもしれませんが、僕が不合格から8カ月間、自分なりに司法試験に向き合った感想を述べさせていただくと、ロースクールを卒業し、受験までたどり着いている以上、やり方さえ間違えなければ合格することは絶対可能なはずです。
修習の同期を見ても、皆さんそれぞれに個性的でいいところがありますが、みんなに共通する「法律学の才能」とか「絶対的な頭の良さ」みたいなものがあるかというと、そのようなものはありません。僕も含めて、何とか司法試験を潜り抜ける上で必要だったのは、試験に向けた勉強の方法を工夫し、やるべきことをやるということだけです。
そして、その「やるべきこと」を見つける上で、不合格経験があるというのは決定的に有利なことです。落ちてしまった事実は変えられませんが、失敗を分析することで次の受験の結果を変えることは誰にだって可能です。来年の試験まであと8か月、短いようではありますが、毎日コツコツやれば1科目につき1か月あります。そうやって思いながら段々と妥協して時間を浪費するようでは同じ結果を繰り返してしまうでしょうが、不合格者しか感じることのできない悔しさを忘れずにいられれば、弱い自分と戦うこともできます(僕自身もそうでした)。

また、受験勉強自体も、将来に向けて無駄にはなりません。まだ修習段階ではありますが、当たり前のことながら受験レベルの判例・通説に関する知識やものの考え方は法律業務の前提となってきます。自分自身も、一昨年間違って合格してしまっていたら、充実した修習は過ごせなかったのではないかと感じています。
個人的なことになりますが、僕も一年回り道したものの、おかげさまで同じ班のメンバーや各実務庁の指導官にも恵まれ、修習生活は大変充実しています。一振りしたとしても任官や任検という道が閉ざされるわけではありませんし(僕自身も任官についてお誘いをいただき、真剣に検討した時期もありました)、そのほかの可能性についても同様だと思います。偉そうなことを言えた立場ではありませんが、不合格という結果は終わりではなく、自分を変え、自分の進路を踏み出す新たなはじまりなのだと、今では確信をもって言うことができます。

もちろん、法曹としての道が唯一の選択ではないわけですが、その道をあきらめたくないという気持ちがあるのであれば、不合格を正面から受け止めて自分を見直し、再チャレンジすることで道は必ず開けるはずです。自分を信じて、かつ謙虚に勉強を続けることができれば、来年はきっと、笑って修習への準備に臨めると思います。
僕自身、この先に二回試験を控える身分であり、僕のほうが少しだけ先に進んでいるとはいえ、皆さまと同じく法曹を目指す立場です。良き法曹になれるよう、ともに頑張りましょう。

P.S.
1)再受験に向けた学習法の私見はすでに書いているとおりですが、一番大事だと思うことを強調しておくと、「よくばらず基本をきちんとやる」ことにつきます。今度は上位合格を狙うぞ、というのでいろいろ手を出す気持ちはわかりますが、再受験者がホームランを狙うのはリスクが大きいし、試験自体がシングルヒットを重ねると結果的によくなる仕組みになっているように思われるので、とにかく基本の理解とそれを表現する力を固めましょう。難しいことを書けなかったから落ちたという人はおそらく一人もいないし、修習で見る限り、実務でも基本が一番大切です。難しいことは実務家もみんな調べてるわけですから。

2)コメント欄の内容を整理したいと思っていたのですが、なかなか時間が取れなくて作業に着手できていません。参考にされている方がいらっしゃったら不便な思いをさせてしまい申し訳ありません。
スポンサーサイト
プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。