スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月30日の記録

今日はタクティクスアドバンス刑法を半分ほどとき終えました。やたら問題が多かったので残りは明日に回します。

それから行政法のまとめノートと、「民事法Ⅱ」の残りを進めたくらいです。
スポンサーサイト

3月28~29日の記録

この2日間はタクティクスアドバンスの民訴法、商法を解いていました。会社法で若干知識抜けがあったので改めて復習です。

それから「民事法Ⅰ」を終え、担保物権と債権総論を扱っている「民事法Ⅱ」を3分の1ほど進めました。問題自体は割とシンプルで、解説部分のうちマニアックな部分を除くとよい復習になります。ただ、民法はもう一度基本書読み直しで復習したい気分になってきます。

また、刑訴の酒巻法教連載「刑事手続法の諸問題」のコピーがあったので通読。たまに賛同できない内容もあるのですが(最たる部分は現場で選別した場合証拠損壊の危険性がある差押えにおいて必要な処分として証拠の持ち出しを認めるところで、連載1回目で強制処分法定主義の重要性を語っておきながら「必要な処分」で「差押えのための差押え」を認める見解ははなはだ遺憾です)、錯綜している問題点を分かりやすく整理していたり、普段書き流しているところの理由付けをきちんと説明してくれたりと、改めて読んでもためになる内容でした。
こういう基本文献は勉強が進んだ後に読み直すと違った発見があってよいです。ただ、試験直前にそんなことやってるのもどうなんだという気もしないでもないですが…。

3月26~27日の記録

この2日間はタクティクスアドバンスの行政法と刑訴法を解き、それから刑事系のノートと公法系のノートを読み直していました。

それから、ロー入試の対策で買ったもののあまり読んでなかった日本評論社の「民事法」シリーズ(先日やった「民事法Ⅱ」とは別の本)のうち、試験に出そうなものをさらっと見ています。何となく分かるけど深い話に行くとちょっと怪しくなるという感じですが、そもそも深入りしないようにすべきということで、判例を押さえつつざっくりと復習しています。

とりあえず今のところは3月末までの目標が順調に進んでいる感じです。

3月25日の記録

今日はタクティクスアドバンス憲法を1冊解いていました。ざっと350問くらいですが、あまりに簡単な問題も含まれるため、解くべき問題は8割くらいでした。
細かいところで記憶が欠落していたりもしたので、また復習しないとなぁというところです。

それから刑法のまとめノートを読み、民事法Ⅱの問題集を終了させました。まとめノートも何回も読んだため、正直だれてきて何となくで読んでしまいそうなのですが、そこをこらえて読み通していきたいです。

3月24日の記録

今日はタクティクスアドバンス民法の残り半分を解き、関連して民法のまとめノートを読み直したりしていました。それから「民事法Ⅱ」なる問題集を続けて答案構成(8問目くらいまで。残り3つ)。本試験っぽそうでそうでもない謎の問題集ですが、まぁ勉強になる部分もあります。

あとはこれから民法判例百選を若干読み、眠りにつきたいところです。

3月19~23日の記録

21日から実家に帰省しており、その関係で19日は友人の開いてくれた送別会があり、20~21日は引越しの作業をしていました。というわけでこの期間は軽くノートを読んだだけです。

引越しでは学習道具がダンボール3箱分にもなってしまいました。もっとも、心配なので一通り持ち帰っただけで、実際にはノートにかなり集約されていることもあり、基本的な文献と百選に目を通すのが中心になるとは思います。

帰省して勉強に集中できるようになったので、まずは4月までに去年やったタクティクスアドバンスシリーズ(短答の問題集)を最初から解きなおすことにします。
とりあえず23日に民法を半分ちょっと(300問)解きましたが、まだ弱いところもあったので、よい復習になりました。

その他、ノートを若干読み直したのと、前に購入した民事系の問題集があったので、これを少し答案構成してみました。4月からは短答・論文ともに実践的な問題(模試など)で最終確認しつつ、基本の再確認といったところです。

まだ帰省してからのリズムがつかめていない感もありますが、短答の単純作業から調子をつけていきたいです。

3月18日の記録

今日は会社法のまとめノートの読み直しと、民法の短答ノートの復習をやっていました。関連して少し基本書を読み直したりしています。

それから、答練の刑事系2回目・3回目が返ってきました。全体的にそこそこで、3回目の刑法は非常に点数が良かったので、順位もそういうことになっていました。
いつも書いているように順位自体はどうでもいいわけで、今回は条文の摘示がぬるいのと、刑訴で論点落ちがあった点を反省としています。後者については、論点のチョイスが微妙だったという相変わらずの問題もあるので、基本を刷り込むことで自然と無難な論点をチョイスするようになるよう、復習を強化していきたいです。

3月16~17日の記録

会社法の問題集も終わったので、気分的に一日一科目的なペースで進めています。

16日は行政法ということで、判例六法で主要法文の条文判例を復習しつつ、まとめノートを読み直し。
17日は民法のまとめノートを読み、手薄と感じたところを基本書で復習。代理、債権者代位・詐害行為取消のあたりと不法行為法(特に共同不法行為)といったあたりです。それからちょっと短答の復習といった感じ。

3月13~15日の記録

来週に受験のため帰省することもあり、この土日は送別会などがありました。応援してくださっている方々のためにも頑張りたいところです。

この3日間の間に会社法の問題集が終了しました。その他、会社法短答問題集の誤答をまとめたり、公法系・刑事系・知財法のノートを読み直したりしていました。

知識はだいたい入ってきているので、あとは判例の文言を覚えたりという仕上げでしょうか。あまりやりたくない作業でもあるのですが、最低限の重要判例くらいは正確に再現できるようにしておくべきではあるでしょうから。
それから短答も細かく押さえていく必要はありますね。こちらは判例六法や問題集の復習などで進めていきます。

3月12日の記録

今日も会社法の問題集を6問。典型論点と、それを発展させたり新しく考えさせられたりする問題がバランスよく全分野にわたって用意されているので、結構ためになります。基本的な条文や判例・学説を押さえた上で、あとは趣旨から上手く考えようという感じですね。これは民事系全てに共通しますね。

それから憲法の条文判例本をようやく最後まで読み終え、その他会社法問題集の誤答部分のまとめ作業やノートの読み直しなどしていました。

3月11日の記録

今日も会社法演習を6問進め、会社法短答問題集の残り半分の復習を終了。細かいところがまた抜けていたので、ちょっとまとめなおしたりしつつ記憶を喚起しています。

それから憲法の条文判例本と刑法の論文ノートを軽く読み直したりしました。

3月10日の記録

今日も会社法演習問題を6つ進め、それから会社法短答問題集を半分復習。また記憶を喚起しないと忘れてしまうので…。

それから憲法の条文判例本をまた少し読み進めておしまいというところ。別に用事があったわけでもないのですが、ちょっと少なめですね。明日頑張ります。

3月8~9日の記録

この2日間は1日6問の会社法演習(全36題)と1日一法系の肢別本復習をノルマにしつつ、憲法の条文判例本や判例六法の読みすすめをしています。

というわけで会社法は12問解き、肢別本は7日の分と合わせて行政法・民訴・刑訴と復習。若干不安な肢がいくつかあるのでそれを再び回していかねば。
会社法の演習問題は、本番よりずっとコンパクトな問題ではありますが、試験に出そうな基本的論点について、無難でツボを押さえた解説がついている感じで、復習として好適だと思います。このレベルの問題を解きこなせれば、本番で変な点を取ることはないでしょう。というわけで残りも進めていきます。

3月7日の記録

今日は答練刑事系の3回目に行ってきました。これで答練も最後です。刑訴が若干バランスを失した答案になってしまいましたが、一応書ききりました。

それから「ロースクール演習会社法」なる教材と、憲法の条文判例本を仕入れました。前者は会社法の仕上げに、後者は前の演習で不出来だった公法系短答の対策に用います。短答はこれと肢別本の復習、問題集誤答の復習に判例六法・百選読み込みという感じで進めていきます。同時に論文の勉強にもなるようにやっていきたいです。

花粉症のシーズンも到来し、さらに今日は若干風邪をひいてしまった感もあり体調が少々よろしくないのですが、調子が戻り次第勉強していきたいです。

3月5~6日の記録

5日、6日は民事系の肢別本を再度復習しつつ、刑訴の判例をまとめた記事の通読と刑訴まとめノートの通読などしていました。その他、演習で問題となった部分に関連して、所持していた論文をいくらか読んで理解を確認しました。

明日は最後の答練です。あとは自分で知識を整理することが中心ということで、最後の追い込みを頑張ります。

3月4日の記録

今日は刑事系演習の復習と、刑法の条文・判例の通読をしていました。刑法はざっと短答プロパーの条文や判例をおさえてしまえば短答対策として十分だと思われるので、早期に潰しておきたいところです。

刑事系は今年も難しい問題が予想されますが、答えが一通りというものではないので、とにかく自分なりに考えて処理しきることができるよう、基本的なところから詰めていきたいです。どの科目でも同じことを言ってる気がしますが、司法試験というのは背伸びせず基本的なことをしっかり書くことで受かる試験なのだと思います。その点、地に足が着いていなかった去年よりは何かしら成長しているとは思います。

3月3日の記録

今日は公法系・知財法演習の復習と、判例六法の民法部分の残りの通読。

公法系では基本を押さえつつどうやって事案にあった答案を書くかというのが難しいところです。個人的には無難に答案をまとめないととも思うのですが、無難さの中に少しは深い分析を入れたいところでもあります。そのためには基本をしっかり固めるというのが何より大切なのでしょうが。

明日で演習の復習も終わり、いよいよ短答の追い込みと論文まとめノート回しです。

3月1~2日の記録

1日は刑事系の答練2回目を受けてきました。相変わらず量の多い問題でしたが、それなりに。
民事3回目と刑事1回目の答案返却を受けてきたのですが、民事大大問は結構良かったものの、ほかは普通でした。書いてるには書いてるけど採点が微妙っぽいものもあれば、答案のフォーマット・整理がちょっと適合性を欠いており反省すべきものもあり、復習しておかねばというところです。つい構成要件の検討を省略してしまったりするのでかなり損をしてしまっている感じです。

2日は前に解いた民事系の演習問題の復習のほか、判例六法で民法の細かめの条文+判例をさらっていました。さすがに全ては読めませんでしたが、短答でちょっと出てきそうな感じのものを押さえられたので、細かな判例が特に重要な民法と他科目の短答プロパー部分は条文・判例の素読で対応していきたいところです。あとは問題集の復習と、知識の整理をやらないと。

もう3月になってしまいましたが、あせらず基礎をしっかり固めていきたいところです。短答はまだしょぼいので、これから詰めないとダメですね。
プロフィール

眠れる豚

Author:眠れる豚
名前:眠れる豚
2009年度新司法試験で討ち死にしてしまったため、再チャレンジのために淡々と勉強してきた法務博士(無職)。2010年の試験では何とか合格することができました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。